2014年02月21日

ボーイズバー摘発

京都府警東山署により2月19日、京都市内において無許可で客を接待する飲食店を営んだとして風営法違反(無許可営業)でボイズバー店長が逮捕されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140219-00000581-san-soci

この店ではカウンター越しに男性スタッフが女性客に対して接待行為を行っていた様です。
カウンター越しの営業でも従業員と客が談笑行為等を行う事は接待行為とされ、風俗営業許可が必要となります。
またガールズバーの様に女性スタッフが男性客を接待するだけでなく、今回の様に男性が女性を接待する事や男性が男性、女性が女性等と性別に関係なく接待行為を行う場合は風俗営業許可が必要となります。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389301449

この記事へのトラックバック