2013年04月10日

居酒屋チェーン店 未成年に酒提供で家宅捜索

居酒屋チェーン店を経営する会社(東京都品川区・東証1部上場)が相模原市の居酒屋で未成年に年齢を確認せず酒を提供したとして神奈川県警相模原北警察署により風営法違反の容疑で家宅捜索されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000538-san-soci

当然のことですが、未成年者に酒類を提供する事は犯罪になります。
これに違反した場合は一年以下の懲役又は100万円以下の罰金、さらに最長で6か月程度の営業停止処分を受ける場合があります。
タグ:未成年者
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年少者問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354791426

この記事へのトラックバック