2012年11月14日

ラブホテルを偽装営業で経営者ら逮捕

兵庫県警生活環境課等は尼崎市のホテル経営者らを風営法違反(禁止区域営業)で逮捕した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121114-00000042-san-l28

同ホテルは風営法のラブホテル営業禁止区域にあるにも関わらず、風営法のラブホテルに該当する営業を行っていた。

http://fuei-kaisei.com/f_hotel.html
↑(ラブホテルに該当する要件)↑

平成23年改正時には1月の1ケ月間で新たに風営法の適用を受ける施設に限り、禁止区域に該当する施設でも届出を受付けていました。
兵庫のお隣の大阪府では200件を超える新規風営法の届出が行われましたが、兵庫県では殆ど新規の届出ない状況でした。


posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 法改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。