2012年10月01日

殺人現場のクラブ摘発

9月30日未明に東京都港区六本木のクラブで風営法の許可を受けずにDJブース等の設備を設け客にダンスと飲食をさせたとして風営法違反(無許可営業)で警視庁生活安全特別捜査隊等により摘発され経営者らが逮捕された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121001-00000067-jij-soci

このクラブでは2日に殺人事件が発生していた。

風営法ではDJブースやダンスホール等の設備を設け客を踊らせる場合は風俗営業許可が必要とされています。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295010533

この記事へのトラックバック