2012年08月25日

ミナミのキャバクラ無許可で摘発

大阪府警南警察署により8月23日、大阪市中央区宗右衛門町のキャバクラ経営者らが風営法違反(無許可)で現行犯逮捕されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000015-mai-soci

この店では風俗営業許可を受けずに客に接待を行っていた事から今回の摘発となりました。

キャバクラに限らずクラブ、ラウンジ、ガールズバー等で客に対して接待行為を行う場合は風俗営業許可が必要となります。

無許可営業で摘発を受けると2年以下の懲役又は200万円以下の罰金刑が課せられ、さらにその後5年間は風俗営業を営む事ができなくなります。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック