2012年06月22日

大阪でガールズバー多数の摘発

6月20日に大阪市都島区のガールズバー2件が都島警察署等により風営法違反(無許可営業)で検挙され経営者らを逮捕したと21日警察が発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120622-00000003-san-l27

大阪府下ではガールズバーの摘発が先週より相次いでおり報道されていない事案も多数ありかなりの件数が摘発されています。
今までガールズバー等の摘発は年少者雇用等がある店舗が中心でしたが、先週からの摘発では無許可で接待行為(従業員と客が談笑した事による)を行った事が容疑の中心となっているようです。

カウンター越しであっても従業員と客が継続的な談笑を行う場合は風俗営業となり許可が必要です。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック