2012年02月23日

中国人経営の違法風俗店に名義貸しで逮捕

警視庁保安課は中国人の経営する違法風俗店に名義を貸し、違法営業を助けていたとして風営法違反(禁止区域営業)幇助の疑いで容疑者が逮捕されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120223-00000535-san-soci

容疑者は違法営業を行っている個室マッサージ店等の賃貸契約名義人となり違法営業を助け、名義料を貰っていたものとみられる。
また容疑者は以前、警視庁に違法営業をしない旨の誓約書を提出していたにも関らず、この様な行為を60店舗以上行っていたものとみられる。


ラベル:違法エステ
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 性風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。