2012年02月12日

SMバーで全裸の警察官が逮捕される

北海道警察札幌中央署が札幌のSMバーに風営法違反(無許可営業)で摘発に入った際にステージ上に全裸の状態で女性従業員にロープで縛られた厚別署の警察官がおり、公然猥褻の容疑で現行犯逮捕となりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000272-sph-soci

この店の元々の容疑は無許可営業ですが、これは従業員が客に対して接待行為を行うために必要な許可です。この違反だけならば客側が逮捕される事はありません。
しかしならが公然猥褻に関しては客であれ店であれ適用されます。
また、大勢の前で全裸姿を見せる行為は如何なる許可を取得しても公然猥褻罪となります。これは風営法上のストリップ劇場においても適用され、ストリップ劇場においても陰部等を客に見せた場合は公然猥褻罪が適用されます。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 歓楽街総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
建前だからね。人間の本能だから仕方ないんじゃね?たしかホモサウナも一斉検挙をくらったらしいが、定期的にやっているだけ。警察官だって人間だもの、いかがわしいなんて言ってられないと思うよ。それとも同じ管轄でホモるか?自殺されるよりマシだと思うが。
Posted by 危ない刑事 at 2012年06月30日 00:28
もうひとつ!警察官なら、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反である事位解っていたと思うよ!また公然猥褻なんて裏取引でどうにでもなるみたいだし。
Posted by 危ない刑事 at 2012年06月30日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック