2011年11月16日

福岡でクラブがまた無許可で摘発

福岡市中央区舞鶴のクラブ(ダンスを伴う営業)が無許可営業で摘発された様です。

福岡では同様の摘発が2ヶ月前にもありました。
http://fu-ei-hatena.seesaa.net/article/226876605.html

クラブの摘発に関しては風営法を基づき行っている事から全国どこでも無許可であれば摘発の対象となります。
大阪だけが厳しく取締られていると思われている方もおられますが、私の知る限りで今年は東京、愛知、京都、兵庫、高松、福岡で厳しい取締り等が行われました。


ラベル:クラブ 福岡
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | クラブ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。
とてもわかりやすくまとめてあるので、風営法を勉強するにあたって、すごくためになりました
ありがとうございます!
ミュージックカルチャー(クラブ)における風営法に対して疑問をかんじ、改善改正を訴える活動をしています。
よろしければ、私達のサイトを相互リンクしていただきたいのですが、お願いできないでしょうか。
よろしくお願いいたします!
Posted by 牧美里 at 2011年12月22日 07:51
はじめまして。
相互リンクお誘い有難う御座います。
どのURLを貼らせて頂けばよろしいでしょうか?
Posted by 雨堤孝一 at 2011年12月24日 11:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。