2011年10月17日

警察庁が等価交換規制で業界団体へ指導

平成23年10月6日付けで警察庁生活安全局保安課長よりパチンコ業界団体に対して「ぱちんこ営業における適切な商品提供の徹底について」という通知がされました。また同日付けで各道府県本部長等に対して同様の通達も行われました。
内容としては、市場価格と異なる価格に基いて商品を提供する行為や、パチンコとスロットによって交換比率を違わせる行為、さらに玉貸し料金によって交換比率を違わせる行為は等価交換規制に反するものであり、法令遵守を行う様促す内容です。
通達文書には一部のパチンコ店において不適切な商品提供を行っている実態が見受けられるとし、各都道府県警察にあっては営業者に対して厳正なる指導、さらに風営法に違反する行為が認められる場合には看過することなく厳正に対処する様記されています。
posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 13:47| Comment(0) | パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: