2011年10月12日

風俗営業と室内の見通し

風俗営業(クラブ、キャバクラ、麻雀、ゲーセン、パチンコ、キャバレー等)や深夜酒類提供飲食店(バー等)において客室内に高さが1メートルを超える仕切り、衝立、観葉植物、背もたれの高いイス等を設置する事はできません。この場合客室内の見通しが妨げられていると扱われます。当然固定式の設備に限らずブラインド等も同じ扱いとなります。
これに関して少しくらいはと思われる方もおられるのですが、少しでも基準を満たさない場合は許可はされなくなります。実際に起こり得る事例として、衝立を1メートル未満ギリギリで計画し施工した際に誤差が生じて1ミリ程度高さが超過した場合、その状態では許可となりません。たった1ミリと思われる方もおられますがこれが基準なので許可には至りません。
また、カウンターに設置するイスの背もたれが1メートルを超過しているケースも多く見受けます。背もたれと言ってもパイプ式で見通しは問題ないと勝手に判断して、結果許可に至らないケースもあります。さらにイスの場合は高さが調整出来るものがありますが、その場合は一番高くした状態で判断されます。
風俗営業においてこの高さは大変重要なものです。
他にも客席と客席の間に少し袖壁の様な形で仕切りをしたりと客同しの視線を遮るような構造を設けた場合も見通しに問題があるとされます。さらに天井から大きなシャンデリア等をぶら下げて、その結果人の目線を遮るような所まで下がっている場合も客室内の見通しを妨げる扱いがされます。

風営法に関連するお店を作る際は「見通し」には十分注意する必要があります。


posted by 行政書士雨堤孝一事務所 at 10:17| Comment(0) | 風営法全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。